簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

「脳性まひ者 横田弘 半生を語る」2014年12月11日 20時24分28秒

「脳性まひ者 横田弘 半生を語る」
NHK千葉放送局で見たもう一本のビデオは、「共に生きる明日  ありのままに生きたい 脳性まひ者・横田弘 半生を語る」です。
放送日は1998年10月15日。当時、横田さんは65歳。

「青い芝の会」の行動綱領は以下の4つです。知っている人も多いと思いますが、敢えて書きます(数字はぼくが勝手に付けました)。

1 我らは、自らが脳性マヒ者であることを自覚する
2 我らは、強烈な自己主張を行なう
3 我らは、愛と正義を否定する
4 我らは、問題解決の路を選ばない

この言葉を知った時、松永青年は、3を読んでびっくりしてしまいました。
なぜ愛と正義を否定するのでしょう?
1970年代は障害児殺しが頻発し、そうした殺人は「愛」という名のもとに行われていたからです。
つまり、「この子は可哀想だから死んだ方が幸せ」。
そんな理屈で親が子どもを殺していました。
親は執行猶予ですんだり、場合によっては起訴さえされませんでした。
横田さんたちはそうした状況に恐怖と危機をおぼえました。このままでは今度は自分たちが殺されると。

それ故、「青い芝の会」は2の強烈な自己主張をしました。
どうやって解決するかというと、なんと4です。
お前たち、健全者が考えろというのです。これも強烈ですね。

ですが、横田さんは1が最も重要だと言います。
障害者は場合によっては、健全者に取り込まれ、何か努力をしたりすると自分が健全者になったように「誤解」してしまう。
それは幻想であると横田さんは厳しく警鐘を鳴らします。
障害者は健全者にはなれない。そのことを自覚した時に、障害者運動が始まると説くのです。

横田さんは言います。
「障害者で何が悪いの?
普通の学校に行っちゃいけないの?
生まれちゃいけないの?
障害者で構わないんじゃないの?
このまま生きていて良いんじゃないの?」
こうした想いや欲求は、横田さんにとっては当たり前のことでした。

さて、「青い芝の会」が闘う障害者集団となってから、およそ40年が経ちました。社会は変わったでしょうか?
ぼくは、少しずつ確実に進歩していると思います。
ただ、もっとも進歩が遅れている面は、「私たちの偏見」という心の部分だと思います。

横田弘さんは、2013年6月3日にお亡くなりになりました。80歳でした。
偉大な思想家だと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック