簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

神の汚れた手〈下〉 (文春文庫) 曽野 綾子2014年02月02日 16時25分26秒

神の汚れた手〈下〉
この本が成功している最大の理由は、主人公の産婦人科医が「普通の」倫理観を持った医者だからでしょう。
本のタイトルから、ちょっとダーティーな主人公なのかと予断を持ちましたが、そういうことではありませんでした。
もちろん理想主義者でもないし、カトリック教徒でもない。
お産もきちんとやるし、人工妊娠中絶もするというお医者さんです。
それがいい。

「障害胎児・障害新生児の生命倫理」に関して、「専門書」ではなくて、「フィクション」つまり小説を書いてみたらどうかという提案が、先日、編集者さんと話していて出てきたんです。
僕にそういう才能があるかどうか全然分からないのですが、もし、書くならばこういう骨格にしようという腹案はあります。
だけど、僕みたいな素人が書いた本など読んでくれる人がいるのかなあ??

コメント

トラックバック