簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

こういう辞典を買った2013年06月14日 21時50分32秒

日本語の正しい表記と用語の辞典
みなさん、辞書を使っていますか?

ぼくが使っている辞書は、
新明解国語辞典(三省堂)
類語国語辞典(角川)
例解慣用句辞典(創拓)
日本語大辞典(講談社)
CASIO電子辞書(明鏡国語辞典・大修館、広辞苑・岩波)
です。
で、最近、講談社の「日本語の正しい表記と用語の辞典」というものを買いました。
校閲部が出しているのですね。

ぱらぱらとめくってみると楽しいのでが、通読は当然かなわず、かといって、字引のように使うには向いておらず、ま、言葉の海で遊んでいるようなものです。

今、ぼくが欲しいと思っているのが、平凡社の百科事典。
実物は保管するスペースがありませんから、電子辞書がいい。
セイコーインスツルから7万円くらいで出ています。
ちょっと高いけど。

言葉の世界は楽しいですよ。
ただね、老眼がきつくて困る。
小さい文字は老眼鏡をかけてもよく読めないんです。
度の強い老眼鏡を使うと、周辺が歪むし。
最近の書籍や新聞は文字が大きくてありがたいのですが、古い岩波新書とかを読むと、本当に難儀するんです。
ロングセラーの昔からある本は、改訂版を出して文字を大きくして欲しいですね。
それから漢字にルビを振って欲しい。
40〜50年前に書かれた本って、読めない漢字がけっこうあるんですよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック