簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

なぜ西ヨーロッパが世界を制したか?2013年05月22日 22時00分21秒

古代ギリシャの時代から現代に至るまで、歴史上の最大の出来事はなんでしょうか?
いろいろな考え方があると思いますが、僕はやはり15世紀終わりの「大航海時代」だと思います。
もちろん、悪い意味で、です。

なぜ現代の世界情勢が、圧倒的ではないにしろ西ヨーロッパ(アメリカを含む)の支配下にあるのでしょうか?
それは大航海時代を経て、西ヨーロッパが南北アメリカ大陸、さらにオセアニア、そしてアジアを侵略・征服・植民地化したからでしょう。

西ヨーロッパ人はなぜ海を渡ったのか?
それは彼らが経済的にも人口的にも(ペストの大流行で)、さらに宗教的にもイスラム勢に圧されて、完全に行き詰まってしまったからでしょう。
言ってみれば、大西洋に追い落とされる直前だった。
そこで、海の向こうに活路を見いだし、まずアフリカで黄金と奴隷を手にし、そして南北アメリカ大陸に到達した訳です(ここから先は三角貿易で大儲けします)。

大航海時代の準備期間には、ルネサンスも必要だったでしょう。
文芸復興と並んで科学技術も発達しました。
こういった文化の興りは、イスラムが深く関わっています。
古代ギリシア語はほとんどがアラビア語に翻訳されて、しまわれていました。
ルネサンスは、アラビア語をラテン語に翻訳することで始まった訳です。

また中世の欧州では、教会(キリスト教)の力が強すぎて、科学が発達しなかったと考えられています。
占星術や錬金術しかなかったのです。
この時代のイスラムや中国には、「紙」や「印刷」や「火薬」や、そして科学の萌芽がありました。
野蛮な国であった西ヨーロッパは、そういった科学技術を少しずつ東の国々からもらっていたのです。

そういう意味では、彼らも「準備」はできていた。
こうした準備がなければ、キリスト圏は完全に崩壊して、現代世界はイスラム教が支配していたかもしれません。
ただし、その場合、アステカ文明やインカ文明がどういう運命を辿ったか、ちょっとぼくには想像できませんが。

三角貿易で息を吹き返した西欧州は、17世紀に科学を発達させます。
ケプラー、コペルニクス、ガリレオ、ニュートン。
なぜ彼らが登場したのでしょうか?
ある人は、キリスト教的宇宙(迷信の世界)から独立したからだと言います。
村上陽一郎先生は、その逆であってキリスト教的世界観の中からこそサイエンスが生まれたと言います。

いずれにしてもこの時代に天文学・数学・物理学が発展を遂げて、近代化への道が整うことになります。
ちなみに、この時代に「医学」がまったく未開拓だった理由は、人間という仕組みがブラックボックスだったからでしょう。
天文学・数学・物理学というのは、目に見えますからね。

だから歴史上、もっと人類史に影響を及ぼした人間を一人あげろと言われれば、アステカ帝国を壊滅させたエルナン・コルテスだと僕は思います。
アドルフ・ヒトラーやカール・マルクス以上かもしれませんね。

なぜ、現在の世界がこうなっていて、なぜ私たちが存在するかを考えるとき、進化論で説明する考え方もあります。
たしかに、ダーウィンの自然選択説もドーキンスの利己的遺伝子理論も、まさに正論だと思います。
しかしそれを社会に適応するのはどうなのでしょうか?
社会ダーウィニズムという言葉もありますが、それはちょっとニュアンスが違うでしょう。

ジャレド・ダイアモンド先生は、「欧州人が優秀なのではなくて・・・」という言い方をしますが、そうではなくて、欧州人は好戦的でその上、武器をもってしまったというのが正解ではないでしょうか?
実証することは極めて困難ですが、悪い意味での「民族性」は否定できないように思えます。

延々と勝ち続けた西欧州はアメリカ帝国となって現在も世界を制圧しようとしています。いろいろと無理がありますが。
そのアメリカのアンチテーゼだったソ連が崩壊してしまったのは、社会主義思想そのものに問題があったことは否めませんが、人間にもそれ以上に問題があった。
だから人類史においてスターリンの罪は深いのかなと僕は思います。