簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

「随筆集 一日」(文藝春秋)西村 賢太2012年06月04日 20時24分55秒

随筆集 一日
これは面白くてあっと言う間に読んでしまいました。
薄い本だし。

だけど中身は濃い。

随筆集ですが、「一日(いちじつ)」というのは、この中に含まれる一つの作品のタイトルです。
それは、本全体のタイトルになっています。

なぜでしょう?
答えは簡単です。
この「一日」という随筆の文章の完成度が、ほかの随筆とは段違いだからです。
もしそのことがこの本を読んでも見抜けないならば、そういった方は今後西村さんの本を読んでもあまり意味はないでしょう。

西村さんの文章(私小説・随筆)の特徴はどこにあるか?
それはリズムです。
五七五七七を詠うようにリズムがあり、それが読み手に快感を呼び起こすのです。
「結句なになに」とか「はな、なになに」とか「根がなになにで、なになにに出来ているなになには」など、実にうまくリズムが考えられています。
おそらく相当推敲を重ねるのでしょう。
こういう文章を読むとやはり純文学の書き手は侮れないとつくづく感じ入りざるを得ません。

興味があまり無い人でも、本屋さんで「一日」の章だけでも立ち読みしてみて下さい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック