簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

房総サイクリング顛末記2012年04月23日 21時59分42秒

JR館山駅に集合。
ぼくと山ちゃんは自家用車。
菱ちゃんは「輪行」で特急に乗ってやってきました。
軽やかに出発。先頭は菱ちゃんで、ぼくは最後尾。
平均時速、アンダー20km/hで行ってくれとお願いしました。
海岸線に沿って順調に走って行きます。
ですが、常に海が見えている訳ではありません。切れ切れに見えるだけですが、あいにく天気は曇天なので、青い太平洋という感じではありません。
20kmを走ってランチ。
まるで民家のような木造のお蕎麦屋さんを発見。
ぼくは「二色そば」というのを注文しました。
「信州」と「北海道」の二種だそうです。
お世辞抜きで大変美味しく頂きましたが、量が少ないことが若干気になりました。
ぼくは自転車を始めて1年になろうとしているのに、いまだにカロリーの充填方法の失敗をくり返しています。
食後、勇躍、走り出します。
ですが、30kmで力が入らなくなりつつあります。
道の駅で休憩して、二度目のランチ。
ワッフルとオレンジジュースを口にします。
その後はワッフル・パワーで快調だったのですが、40kmでやはり「弾切れ」。
この辺から強風が(ほぼ)正面から吹き付けられて、ぼくはノロノロ運転になります。
山ちゃんと菱ちゃんは逞しく先を走っていきます。
50km地点で休憩。
アミノ・バイタルを食し、カロリーを補充します。
ゴールまであと10km。二人には宿で待っていてもらいましょう。
ぼくは、お尻は痛いわ、膝の裏は痛いわ、アキレス腱は痛いわ、風に吹かれるわで、まるで苦行僧です。
ようやく江見に到着しました。平均時速は19.9km/hでした。

早速3人で露天風呂。
なんという「非日常」。これが良いんですね。
その後に夕食。
宿の食堂は、50トンの木製さんま漁船をそのまま使った造りだそうです。
刺身の盛り合わせは豪華絢爛。
生ビールを痛飲して、冷酒をしみじみと飲みました。

さて、部屋に戻るとすでに布団が敷かれています。
こうなると完全に修学旅行モードですね。
さあ、何の話をしようって、あれ? 山ちゃん、もう寝ているじゃないか。
菱ちゃんと、小児がんの話をしつつ、うーん、やっぱり仕事を完全に忘れることは不可能なのかと自分の頭を呪いつつ、23時過ぎには布団に入りました。
その間、iPhoneでFBを見ると、たくさんの人から応援のコメントや「いいね!」をもらい元気百倍になりました。

さて翌朝の朝食も実にうまい。
カロリー不足にならないように、ご飯を腹一杯に食べました。
ですが、この日は館山まで一直線に20kmしか走る予定はありません。
天気予報で午後から雨だからです。
やはり飯はパワーが出ます。
前日に増して、お尻や膝が痛いのですが、足は結構よく回るし、ハンドルを引きつける腕力もあります。
1回だけ小休憩を挟んで、たちまち館山駅に到着しました。
自転車を車に積んで帰路につくと、すぐにフロントガラスを雨滴が打ちます。
やはり急いで館山に辿り着いて正解でした。

昨年、自分一人で九十九里まで往復70kmを走った時は、今回のように「弾切れ」にはなりませんでした。
あの時は、出発前と、九十九里海岸で「塩お握り」を頬張ったんですよね。
今回は減量に失敗したへっぽこボクサーのようでした。
食事管理は本当に難しいです。
ん? ぼくがアホなだけかな?

ですが後輩(と書きましたが、ぼくは友人と思っている)二人と一緒にサイクリングの旅に出かけられたのは、本当に嬉しい。
ぼくの残りの人生で、あと何回こういうことができるか分かりませんが、みんなに迷惑をかけない間は、またロングライドに挑戦したいです。
次は反省点を生かして、もっと良い走りをしたいな。