簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

「1985年のクラッシュ・ギャルズ」(文藝春秋)柳澤 健2012年04月01日 17時17分26秒

1985年のクラッシュ・ギャルズ
これも面白くて一気に読んでしまいました。
なぜ面白いかと言うと、それは著者の柳澤健さんの筆が巧みだからです。
文章もうまいし、物語るのも大変うまいと思います。
要するに大変、文才に優れているということでしょう。

本書のタイトルは「1985年の〜〜」となっていますが、これはもちろん、前著の「1976年のアントニオ猪木」にならったものです。
こうしたタイトルを付けた以上は、どうしても「1976年の〜〜」と比較されてしまうと思いますが、それではちょっと可哀想な気がします。

この本は「1985年」うんぬんに関係なく、純粋に「評伝・クラッシュギャルズ」として読めばいいのでしょう。

この本には、狂言回しとして、あるプロレスファンの女性(最初は少女)が登場しますが、最初のうちは、その人が架空の人物なのか実在の人物なのかが分からず、読んでいてかなり不安になります。
読み進めれば、あ、おそらく実在の人だろうと想像がつきます。
柳澤さんは「あとがき」で、本名を明かしますが、これは冒頭で説明しておけば、もっと本の完成度が高まったような気がします。

つまり、彼女は架空の狂言回しではないと分かり、主人公の一人として読者は彼女の人生を追うことができたからです。

さて、この本を一般の人はどう読むのでしょうか?
ぼくは「女子プロレス」というものは、観たことがありませんが、「プロレス」という単純に一言では定義できない特殊なジャンルに幼い頃からずっと興味を持って接してきました。
「1976年のアントニオ猪木」は明らかに、プロレスをまったく知らない人でも、ものすごく興味を持って読むことができたと思います。
本書が、「プロレス」という枠を飛び越えたかどうかは、読者によって判断が分かれるかもしれません。

ですが、ぼくにとってはとても良質なノンフィクションとして記憶に残る一作になりました。
これからも柳澤さんの本を大いに注目して読んでいきたいです。

コメント

トラックバック