簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

わが千葉大医学部ラグビー部 その22011年07月01日 21時14分21秒

ぼくがラグビー部に入った時に、チームのキャプテンだったのが平井さん。
ポジションはスタンドオフ。
平井さんのキック力は、医学部のレベルを超えていて、自陣ゴール前5メートルからキック1発で、対角線にボールを飛ばし、相手のゴールラインの手前5メートルまで進んだこともありました。
ハイパントを蹴ると、ボールが見えなくなっちゃうという感じでした。

そしてもう一人のスーパースターが、深谷さん。
スクラムハーフでしたが、フォワードのような体格で、ダイビングパスでボールを放ると、ぼくなんかはキャッチできませんでした。
深谷さんは、千葉大医学部に進学して医者になるか、それとも早稲田大学の体育学部に進学してラグビーの日本代表を目指すか、迷ったという人ですから、そのレベルは「超」医学部生でした。

では、この二人がいた頃、千葉大医学部ラグビー部は強かったかというと、そうだとは言い切れません。
なぜならば、この当時のラグビー部はまだ「近代化」されていなかったからです。
残りの13人も、平井さんと深谷さんに依存していた部分があったと思います。

ぼくと、同級生のO君、Y君が4年生になり、平井さんと深谷さんは引退しました。
キャプテンのO君、バックスリーダーのY君は非常に危機感を深めました。
しかし、ピンチはチャンスでもあります。
ぼくたちは、クラブを近代化させることにしました。

まず初めにやったことは「戦術書」の作成です。
ワープロの無い時代でしたから、ぼくが手書きしました。
コピーして、綴じて。
タイトルは「ガイド・フォー・プレーヤーズ」。

つまりこの当時、うちのチームは、どうすれば試合に勝てるか、意志の統一とかがまったく無かったのです。
ラグビーはルールの変遷が激しいのですが、ぼくらの頃のラグビーの原理は「陣取り合戦」にありました。
従って、「ガイド・フォー・プレーヤーズ」では、徹底的にそのことを説きました。

結果として選んだ戦術は、フォワードによるサイド攻撃と、バックスによる激しいタックルです。
言い換えれば、攻めるのはフォワード、守るのはバックス。

当然、バックスの選手から不満が出ましたが、1年間この戦術を通しました。
いえ、それまでは、「戦術を通す」という概念もありませんでした。
原理原則を掲げて、徹底的に陣取り合戦に拘ったのです。
戦術面だけではありません。

一つのポジションに、選手を二人以上配置。
また、逆に、一人の選手に二つ以上のポジションを練習させました。
それまでは、最高学年の先輩は練習に出てこなくても、試合に出場していましたが、こういう習慣もばっさりと断ちました。
(当然、多方面から反発を買いました)

以前のラグビー部には、部員同士の競い合いというものが無かった訳です。
ぼくたちが責任学年になり、チームが近代化された後は、6年間練習しても公式戦に出場できない部員も出てきました。

ま、チームのOBの先生たちは、皆さんが、「我こそがチームを強くした」という自負を持っていると思います。
その気持ちは大変よく分かりますが、関東医歯薬リーグでの戦歴を見れば、ぼくたちの近代化がすべての始まりだったということが、よく分かると思います。

ぼく自身も、クラブの雰囲気を悪くしたという批判を先輩や後輩から多数頂きましたが、今日につながる道筋をつけ、扉を開け放った訳ですから、全然後悔はありません。

いま現在、現役でラグビーをやっている学生たちは、今のスタイルを「当たり前」と認識しているでしょうが、ぼくが1年生の時と、6年生の時では、クラブは完全に様変わりしていたのです。

コメント

トラックバック