簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

水戸黄門を観る2010年05月19日 18時07分07秒

娯楽としてのテレビにはあまり興味がないため、ニュースを見る目的以外でテレビをつけることはほとんどありません。
長女も家内もまったく見ない。
次女は「ピカチュー」と「フェアリーテイル」を見るようです。

従って我が家のリビングルームは静かなものです。
昨日、口蹄疫のニュースを見ようと思ってNHKにチャンネルを合わせたのですが、これは我が家では4日ぶりのテレビでした。

さて、しかし、テレビがつまらないものかと言うと、そうとばかりは言い切れないということを知りました。

今日は大学病院に出かけて夕方まで外来診療を行ってきました。
そして自宅に帰る車内で、ワンセグから流れてきたのは、なんと「水戸黄門」ではありませんか。
ところがこれが面白くて、つい観てしまいました。

勧善懲悪のワンパターンと言われるこのドラマ。
しかしワンパターンを最後まで観させるというのは、けっこう難しいんです。
悪に蹂躙される弱者が、圧倒的権力によって最後の場面で救済されるというカタルシスは、やはり溜飲を下げる作用があります。

日本人というのは、こういう強い権力者が好きなのかもしれませんね。