簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

心配ですね、宮崎県2010年05月18日 22時06分06秒

口蹄疫という病気に関しては、僕は専門的な知識は全然ありません。
しかし、本当に心配ですね、宮崎県。

一番重要なことは、この病気の広がりを少しでも早く食い止めることです。

報道を見ていると、県や国の初動の遅れなどを批判していますが、火事の現場の周囲で騒ぐようなアホな報道はやめて、この病気を正しく理解できる報道、病気の沈静化のための筋道を示す報道をしてもらいたいものです。
鳩山さんの悪口は、病気が沈静化してからゆっくりやればいいだけの話です。

しかしこういったニュースを見ると、昨年の新型インフルエンザ騒動を思い出します。
NHKまでが、悪い意味でのワイドショーのような大騒ぎでした。
一体あれは何だったのか?
報道機関は自分たちのやったことを検証しないのでしょうか?

検証しないと言えば、例の官房機密費。
自民党政権がわれわれの税金を政治評論家などに配ったという野中さんの暴露。
マスコミは全然話題にしません。
毎日新聞などは一行も報じていませんが、賄賂みたいなお金をもらった関係者がたくさんいるのでしょうか?

新聞は社会の木鐸、、、と言えばカッコいいのですが、自己批判できない組織は必ず歴史の審判に曝されて消えていきます。

宮崎県の農家のみなさん、関係者のみなさん、今は頑張って病気を封じ込めてください。
対処の問題点は、あとで総括しましょう。