簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

シネマ・シネマ・シネマ!2006年07月01日 23時11分18秒

梁石日(ヤン・ソギル)の小説って読んだことあります?
最近では「血と骨」が映画化されて名前がけっこう一般的になったように思えます。
僕は昔からこの人の作品の大ファンです。相当の数の作品を読みました。もちろん、「血と骨」も。で、今回、新たに出版されたのが「シネマ・シネマ・シネマ」です。映画の世界を描いた小説です。どこまでがフィクションでどこまでがノンフィクションなのかよく分かりませんが、少なくとも後半の話しは、映画「夜を賭けて」のことを書いているのは明らかです。
小説「夜を賭けて」は直木賞の候補になった梁さんの初期の作品です。戦後の大阪が舞台で、朝鮮人部落の『アパッチ族』が工場跡の鉄屑を盗み出しにいくピカレスク・ロマンです。後半はなぜか話しが一転して大村収容所が舞台になってしまいます。このあたりの展開の、ある意味、行き当たりばったりぶりが梁さんらしんですけど、これが直木賞の受賞を逃がした理由だと、僕は個人的には思っています。
映画はこの小説の前半を映像化したもので、山本太郎の演技が見事でした。
今回の小説「シネマ・シネマ・シネマ」では、この映画製作の過程の裏話が紹介されており、とても面白く読んだのですが、小説の作品の出来としてはどうなんでしょう?
何か小説というよりエッセイを読んでいるようでもありました。で、ラストシーンはいつものように、唐突な終わり方をします。
いつも思うんですが、梁さんは書いていて最後近くになると飽きちゃうんじゃないかと。。。
1作読むとまた1作、読みたくなります。ジャズが最高の癒しとすると、読書は最高の楽しみですね。